仙台ドミニオン

デッキ構築型カードゲーム「ドミニオン」を仙台市内で遊ぶ会

ニトロプラスカードマスターズエッジ カードチェック(1)

ニトロプラスカードマスターズエッジ カードチェック(1)

ニトロプラスカードマスターズの新作が正式に発表になりました。
http://dominion.ne.jp/characters/nitro/index_news.php#130815
http://hobbyjapan-shop.com/shopdetail/107000000037/

公開されている情報から、収録カードを推測しましょうの巻。

「武者」カードはセレクタも含めた11枚のカードが全て異なる絵柄

ここは「騎士」で確定で良いかと

勝利点やリソースカードを含まない小型エキスパンション

今年は「デモンベイン」10周年ということで「錬金術」カードが含まれると期待したのですが、ポーションの収録はないようで残念。
小型の割にいい値段しますね(震え声

アクションカード:17種(172枚)

端数が2あるということは特殊勝利点が1種類ありますね。
17種、というのは恐らく騎士はまとめて1種類にカウントされているものと思われます。

また「アクションカード」と書かれているということは、アクション・勝利点のマルチカードであるということ。
「大広間(そに子)」「貴族(デモンベイン)」は既にありますから、これは「島」ですね。
「島」は東方祀爭録では「幽明結界」ですが、こちらでも恐らく封印的なカードになるのではないかと。

「変身」の能力を持つカード

変身っぽい要素と言えば「浮浪児」→「傭兵」または「隠遁者」→「狂人」です。

既にイラストにある大十字九郎はマギウススタイルに変身するよりはデモンベインに乗るギミックのほうがそれらしく、しかしデモンベインは既に「貴族」として登場済。それに変身前の姿をグッズ(カードスリーブ)にして売らんだろうということで九郎ではないですね。

となるとやはり、同じくグッズが確定している「ヴェドゴニア」が変身後の姿として有力でしょう。
カード効果は「傭兵」でしょうか。ドローよりもアタック、そして使用コストとして2枚破棄しなければいけないあたりもヴェドゴニアの雰囲気と合っています。

なんにしてもアクションカード17種のうち1種は非サプライカードとなり、サプライに置かれるのは新規カードは16種類(傭兵も狂人も両方収録される可能性もありますが)。

リソースカード:15種(15枚)

15枚ある、王国カード以外でのリソースカードと言えば「略奪品」です(ポーションは16枚)
また略奪品はサプライ置き場に置く基本カードとは明確に区別されるので、「リソースカードを含まない」という言葉と矛盾しません。

ちなみに「略奪品」を使うカードは「山賊の宿営地」「略奪」「襲撃者」の3種ですが、「襲撃者」は「廃墟」を必要とするので今回の収録はナシ。
なんとなく「山賊の宿営地」「略奪」は両方収録されるような気がします。

って「15種」!?
さすがにこれは誤植やろ…

カード総枚数:180枚

172+15=187
既に計算が合いません。

さらにランダマイザが15-16枚(傭兵や狂人にはランダマイザは存在しない)あることやブランクカードでの枚数調整のことを考えると200枚は越えます。

表記にミスがない場合のことを考えたいですが、上の「15種」の件があってもうどうにも(笑
誤植の可能性を考えると上記の「島」の話も一気にあやしくなってくるな…

まぁ続報に期待ってことで10月が楽しみですね

余談
しかし秋発売ってことで、まどかマギカ劇場版新作に合わせてまどマギカード入れてくるかと思ったらナイんですねー。
ドミニオン未経験者を誘う時に「まどかマギカのカードもあるよ!」って言いたいんですが、今あるのはよりによって「抑留」ですからね…。初心者が居るときに使いたくないカードの一つです。
キャッチーなタイアップのキャラを分かりやすいカードに落とし込むということをやってほしいなぁー

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です