8月 | 2015 | 仙台ドミニオン

仙台ドミニオン

デッキ構築型カードゲーム「ドミニオン」を仙台市内で遊ぶ会

08月

(番外)あかしあ杯ドミニオン大会に参加してきました

最近発足された「遊ぶ会(@hobbies_love)」さん主催の「あかしあ杯ドミニオン大会」に参加してきましたのでその簡単な覚え書きを書いておきます。

この会は午前中はフリープレイ&初心者講習、午後から大会形式と言うことで、当日ドミニオンを覚えたばかりという方も結構な数いらっしゃいました。特に人狼やTRPGで知り合った方々がドミニオンに触れて頂けるのは非常に嬉しいですね。

そして講習会だけの予定が急遽大会にも参加することになった方がたくさんいらっしゃり、大会は総勢24名となかなかの規模で開催されることに。

まず始めにサプライ決定。今回は予選4回+決勝1回の計5戦ということで、丁度会場に来ていた各アナログゲーム会の主宰5人がそれぞれクジを引くことに。
クジの内訳は「日本選手権2015のサプライ12種」「オリジナルサプライ4種」の計16種だったのですが、しかしてオリジナルサプライを引いたのは自分のみ。あとはクジが偏ったかすべて選手権サプライどころか、その中でも「基本+異郷」のもののみに集中してしまうことに。

1回戦 《秘密の部屋》《中庭》《願いの井戸》《執事》《銅細工師》《役人》《鉱山の村》《泥棒》《市場》《研究所》

確か3番手。執事があるので圧縮をかけたいところだが誰かが泥棒買いそうなのでデッキの密度を上げるのはやめよう、ということでふんわりステロを目指すことに。
鉱山の村+銀貨スタート。3ターン目で鉱山の村破棄して金貨を買う。幸先がいい。
そして泥棒はよっぽど運が悪くなければ刺さらないだろう、保険で秘密の部屋も入れておく、あとは研究所ステロで勝利!そう思っていたのてす。
まさか泥棒ですべての金貨を持って行かれるなんて…。
しかし哀しみに暮れつつ秘密の部屋を追加で差してからは泥棒・役人いずれの際もうまくハマるようなりデッキが安定。研究所連打で手札を水増ししてからの秘密の部屋で8金ないしは5金で属州・公領を勝っていき、2位と公領1枚差の1位。

2回戦《工房》《金貸し》《議事堂》《市場》《岐路》《神託》《義賊》《シルクロード》《街道》《地図職人》

1位卓。岐路と地図職人で手札を溜めて工房でシルクロード屋敷岐路をガメていこう作戦。
そう、実は地図職人を偵察員(山札上から4枚を見て勝利点を手札に入れる)と勘違いしていたのだ…。
地図職人は逆で、手札に勝利点を溜め込みたい岐路との相性は悪いとは言わないがいらないカードを捨てるかどうかのジレンマが発生していまいち戦えず。
3位タイで0.5ポイント獲得。

3回戦《堀》《民兵》《役人》《厩舎》《魔女》《公爵婦人》《値切り屋》《交易人》《書庫》《大使館》

3位卓(9~12位)。アタックカード多めでターミナルのドローアクションばかり。
1番手の5-2スタートで容赦なく魔女-堀。攻防ともに非常にいい巡りをして1位。
そう言えば誰も民兵も書庫も取らなかったな。

4回戦《礼拝堂》《村》《木こり》《密偵》《金貸し》《研究所》《義賊》《シルクロード》《辺境伯》《大使館》

2回戦での0.5ポイントが効を為して滑り込み4位の1位卓。トップ者が3連勝しているので止めなければならぬ。
事前の歓談でなんとなく義賊を取る者はいなさそうかなと思ったので金貸し-銀貨からの研究所または大使館ステロを目指す。
うまい具合に3ターン目で金貸しからの金貨獲得。どうでもいいけど金貸しと金貨って似てるね。
しかしここで1回戦と同じ哀しみが!義賊に金貨盗られるマン参上。そうなると卓のノリが義賊買うノリになっちゃって、1ターンの間に2枚も金貨盗られる事態まで発生。
それでも懲りずに金貨を差していき、辺境伯が連打される中で手札を金金銀に揃えてなんとか勝利点確保をしていきの2位。
トップ者を止めることはできず。しかしここで2位・3位の二人を1ポイント・0ポイントにしたことで順位を逆転出来たのは大きかった。
ここまでの結果、トータル3位で決勝卓進出。ちなみに1位とは5.5ポイント差、2位とは0.5ポイント差、4位とも0.5ポイント差。

決勝《地下貯蔵庫》《祝宴》《役人》《魔女》《市場》《神託》《交易人》《厩舎》《値切り屋》《不正利得》

呪いがバラ撒かれるのが必至のため、2-5スタートで地下貯蔵庫+魔女または不正利得と行きたいが、残念ながら4-3。なんとなく話のノリで祝宴-銀貨。からの祝宴で魔女。あとは交易人・地下貯蔵庫・厩舎で防御とステロという形。
全体的に周りの動きだしが遅く、不正利得が動き出すまでに時間がかかったおかげでこちらの防御が間に合い、逆に銀貨率を高められるありがたさ。特にシャッフルが入った直後に交易人を引くことが多く、シャッフルをしてくれていた対面に感謝(笑
地下貯蔵庫でデッキが回るため、1枚しか差していない魔女の稼働率が非常に高く、ほとんど一方的に呪いを撒く立場になれたのは大きかった(最終的に獲得呪い数は4枚。なお1枚も破棄せず)。

結果、予選全勝者を2位に退けての優勝となりました。

総括

2回戦と4回戦、3回戦と決勝とそれぞれ似た場があったことで、それぞれの反省点を活かせると言う点では中々面白い場でした。
一方で手番や引き運に左右される場が多かったかなと言ったところ。
そんな中で幸運も不運もありながらもなんとか優勝することが出来ました(ちなみに前回は下から3位)。

とりあえず次回大会までは仙台一を名乗ることにします(笑